効率的な予防接種方法

インフルエンザがそろそろ流行を見せ始めるころ…流行してから対策をする前にできるのは、インフルエンザの予防接種です。
秋も深まると色々な病院でインフルエンザの予防接種が受付開始となります。この予防接種、効率的な方法はあるのでしょうか。
 

流行の前に行う


予防接種は打ってすぐに効果を発揮してくれるわけではありません。接種後2週間ほどは効果を
発揮するまでに時間がかかりますので、大体11月中旬から12月はじめぐらいまでに接種しましょう。
この時期に接種をしておくと、5ヶ月ほどの効果がありますので、流行が下火になる3月ごろまでは
しっかりと予防接種の効果を発揮してくれます。
 

早すぎる接種もよくない

予防接種は早めに…と思っても、早すぎるのもいけません。5ヶ月ほどの効果なので、インフルエンザの
流行が終わるころまで効果が持続するように、いい時期を見計らって接種をするようにしてください。
 

予防接種をしたからかからないわけではない

予防接種を打てばインフルエンザにはかからないと思っている人が多いのですが、そういうわけではありません。
予防接種を打っておくことで、もしもインフルエンザにかかったとしても重症化を防げる…というものです。
予防接種を打ったからといって他のインフルエンザ対策をしなくてもいいというわけではありませんので、
きちんと対策は行いましょう。色々な対策もあわせて行うことでよりインフルエンザにはかかりにくい体になります。
 

予約は早めにしておこう

インフルエンザの予防接種は、多くの人が同じ時期に接種しようとします。
医療機関によって振り分けられるインフルエンザワクチンの数は違いますし、1日で接種可能な人数というのもあるでしょう。
ある程度必要な数を予測するためにも予約制にしている医療機関もありますので、摂取しようと思ったら予約でいっぱいで
一週間後になってしまえば、予防接種の効果を発揮するのがまた遅くなってしまいます。出来るだけ早めにインフルエンザ
の予防接種をしたい旨を伝え、予約をとっておくと安心です。
 

体調を考慮して接種しよう

予防接種を打つ段階で体調が悪いと、インフルエンザの予防接種を受けることがきっかけとなってより体調が悪化する
可能性があります。せっかく予防のために接種したのに、それで体調を崩してしまっては意味がありません。
早めに接種がいいといっても、その時に体調がよくなければ無理はしないでください。
健康で体調がいいときに接種するようにしましょう。